カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の157件の記事

2016/01/01

2016年(平成28年)元旦

556 あけましておめでとうございます。皆様方のご多幸をお祈りしています。
 ところで、定年後、非常勤2年目の今年は、私はやりたいことがたくさんある。
 まずは主宰している「人生カフェ」を中心に、哲学カフェ・哲学対話の活動を発展・充実させたい。
 趣味の面も多様に展開したい。
 今年は夏目漱石没後100年に当たる年である。漱石を意識しながら読書を続けていきたい。
 映画もそれなりに観ていくだろう。
 健康面も考えて、ウォーキングの会に参加したり、自分一人でも歩くことを意識していきたい。ヨーガやストレッチなども取り入れていく。
 ラーメンも含めて、グルメには関心を持っていっていいだろう。

 一番気になるのは、今年93歳になる母の健康である。今年もきょうだい(母の子どもたち)で支えていこう。
 また、上に掲げた活動を行っていくためにも、自分の健康には十分に注意を払っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/11

福禄寿

492 福禄寿とは、七福神のひとりである。日本では、あの異様におでこ・頭が長く伸びている老人の神様として知られている。
 しかし、もともと中国では、福・禄・寿それぞれ別の三神のことである。福とは、漠然とした幸福のことではなく、子に恵まれた家族の神である。禄は財産の神である。寿は健康を伴った長生きの神である。
 日本においては、二物を持った1人の神に見えたため、三人の神格ではなく、一人の神格とすることが流布したらしい。(私もつい最近にこのことを知った。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/28

61歳になって

487 61歳になった。
 痛風対策のための尿酸値を下げる薬は飲み続けている。中性脂肪の数値も高かったので、それを下げる薬もやがて飲まなくてはならないだろう。トホホ……。
 公的年金の受給権は発生した。実際にもらえるのは3カ月くらい先らしいし、当面はわずかなもののようである。いずれにせよ、人生上の新しいステージに入った気持ちである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/19

大学 クラス会

Images79 昨日、懐かしのキャンパス内で、大学時代のクラス会があり、21人が参加した。私は40年ぶりくらいに会う人たちで、楽しい会だった。
 理数系のクラスである。私はその後進路変更して、教育学部に変わったから、異質の存在である。それだけに今回、他の人たちの話は面白かった。
 皆さん、誠実に仕事をされてきて、立派な業績を上げている人たちも多かった。私自身が、このクラスの仲間たちに静かなる誇りを感じた。
 還暦前後、すなわち定年前後という人が大半で、同じような境遇とも言える。特に、今後の高齢期は共通な面も多いのだから、大事にしたい人たちである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/01

2015年元旦

Images1b8vg73x あけましておめでとうございます。みなさまにとって、今年1年が幸せな年でありますように。
 私は今年3月に定年を迎えます。
 その先が見えない今日ですので、具体的なことはあまり言えませんが、私自身についても今年1年が愛と幸福に満ちた年になることを願っています。
 家族、友人、職場、地域を大切にしていきたいと思います。
 人の幸福について、自分の幸福について、自分なりのヴォイス(意見、スタイル、文体など)を少しずつ確立していきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/28

還暦のお祝い

001 還暦のお祝いを妻と娘にしてもらった。
 家族にしてもらうのはうれしいし、会食でおしゃべりができるのは楽しい。
 60年間の半分の約30年間を付き合ってくれたことに感謝した。
 鞄とネクタイをプレゼントされた。これもうれしいことである。
 私からのお礼としてできることは何だろう? 「マランの幸福論」の文章? これはもらった方が困るような気がしたので、今回は控えておいた。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/25

還暦です!

Images49 今まで生きてきたことに感謝したい!
 家族に恵まれ、友人に恵まれ、職場に恵まれ、地域に恵まれてきた。
 夏目漱石が50歳前に亡くなったことを思うと、ここまで生きて人生を楽しめてきたことに感謝したい。
 これからも人生を楽しめそうな予感がする。
 ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/02

1,1,5,8

Images36 「1,1,5,8を一回だけ使って四則演算(+-×÷)のみで10をつくれるか」
 これは昨年末に流れたグーグルのTVコマーシャルらしい。スポンサーのメッセージは『分からないことはグーグル検索すればすぐ答えが分かる』というものである。このことをある人(ここでは「教示者」と呼ぶ)が教えてくれた。
 もちろん私はグーグル検索せず、この問題を解くことにチャレンジした。正解にたどり着くまでに半日かかった。
 1時間かけても解けない。そこで考えた。
 これはグーグルの仕掛けた罠である。諦めてグーグル検索をすると、出てくるメッセージは、「この問題は解けません。そうです、世の中には解けない問題もあります。このような問題を色々考えることが人生です!」などといったたぐいのもの。
 次に考えたのは、教示者が間違った内容を私に伝えたのではないか、ということである。例えば、本当は1,1,5,6ではないのか、といったたぐいのもの。
 さらに、私自身が問題を読み違えているのではないか、ということである。例えば、四則演算ってことを、そもそも正確に私は捉えていたか?
 以上の思考過程をみると、問題の前提そのものを疑っている。幼稚なようだが、これって結構、哲学っぽい気もした。
 以上のことを一応諦めて、解答へと向かっていくのだが、そのきっかけになったことが以下である。
 教示者が言うように、脳がリラックスしていることがいい。私の言葉で言えば、別のことをやっている時の方がひらめくことがある。ということで、私は食事を用意したり、コーヒを飲んだり、皿洗いなどをし始めた。
 また、教示者は過去の自分の経験や知識などとの関連を探ることを勧める。私は過去に、この4つの数字を使って10を作る遊びを、電車の切符に印字された4つの数字でやっていたことを思い出していた。
 そして、その時期に難問と言われていた「1,1,9,9」のことを思い出した。これは「1,1,5,8」よりは簡単だが、似たような原理を使っていた!
 さらに、教示者からのヒントもあった。「雑煮の餅が良く伸びる(引く)」「お椀の中で餅をひっくり返す(分数の割り算)」などである。
 私自身のひらめきのヒントは、「皿洗いの時、食器を水に浸す(整数の世界から小数の世界へ)」である。
 
 すぐにグーグル検索したら、こんなに楽しい経験はできなかったであろう。皆さんも上のヒントを参考に自分で解いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/01

私の今年のざっくりしたイメージ

Images34 あけましておめでとうございます。
 今年はうま年、私は還暦(60歳)、定年へ向けての年である。このことは常に意識する1年であろう。
 定年までの最後の1年の仕事は、当然のことながら、しっかりとやっていこう。
 家族(妻、娘)を大切にする。母は今年91歳になる。母を支えるために、きょうだい(姉、妹)がより一層協力していく。
 友人グループを大事にしていきたい。職場でのグループから、同世代の心理・教育関係のグループ、若い世代の哲学・文学関係のグループ、どれも深めていきたい。トークを楽しみながら、それはできる。
 趣味の、本・コミック・映画やラーメンは今年も蓄積していくだろう。
 健康面では、ウォーキング、呼吸法は続け、私の弱点である喉や歯に気を付けていく。
 全体的に言えば、私の幸福論を確実に深めていく。
 日本は、今、荒波に入ろうとしている不穏な状況だ。七福神の船に乗せてもらって、乗り切っていかなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/29

今年1年を振り返って

Images32 今年は、私に七福神が取り付いたこともあって(?)、幸せだった。(笑)
 職場は概ね順当だった。職場での友人グループの関係も深まった。
 家族関係を大事にしてきた。母は90歳(卒寿)になり、母を支えるきょうだいの協力を高めていった。
 同世代の5人会のグループ活動は充実していた。懐かしいサークルの同窓会もあった。
 さらに、今年は若い人たちのグループにも参加できた。その文学グループを通して、同時代人の大江健三郎や村上春樹を再認識した。
 全体的に、私の幸福論(マランの幸福論)は徐々に深まっている感がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧