« ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー | トップページ | ヴィクトリア女王 最期の秘密 »

2020/04/18

ラヂオの時間

108

1997年、三谷幸喜の監督第一回目の作品である。

芸能界の人はわがままなのが多い。

組織の上下関係だけでは統率がきかない。

だから、そこに喜劇が生まれる。

|

« ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー | トップページ | ヴィクトリア女王 最期の秘密 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー | トップページ | ヴィクトリア女王 最期の秘密 »