« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020/03/31

美術館を手玉にとった男

94

この男、マーク・ランディスは統合失調症かもしれない。

しかし、一人で生活できる。贋作の能力はすごい!

図画工作的かもしれないが、表現者ではある。生きた証を示している。すばらしい!

マーク・ランディスの贋作を早くから見抜いて、追跡していたマシュー・レイニンガーも自らをADHDなどと言っている。

| | コメント (0)

2020/03/30

ゴッホ 真実の手紙

93

50分と短いが、ゴッホのことが手紙を通して、うまく描かれている。

| | コメント (0)

2020/03/29

ニューヨーク眺めのいい部屋売ります

92

いい老夫婦だなぁ。幸せだね。

ワンちゃんもいい。

モーガン・フリーマン、ダイアン・キートンはうまい!

| | コメント (0)

2020/03/23

蔭山 西川 Chu-Ru-Ri

Img_0108Img_0110Img_0111  

どれもとてもおいしいラーメンを食べることができた。

左写真:高田馬場東側「鶏白湯麺 蔭山」鶏白湯塩そば 3月8日 久しぶりに食べると、さすがにおいしい。完食だ!レモンをかけて、それからご飯を入れて食す。至福である。

中写真:千歳船橋「中華そば 西川」ワンタン中華そば 3月20日 煮干スープがうまい!細麺とよく合う。チャーシュー、ワンタンもよくできている。完食! 行列店だった。

右写真:十条「らーめん専門 Chu-Ru-Ri 」濃厚味噌らーめん 3月21日 丁寧に作られた味噌スープが抜群にうまい!麺との相性もいい。スープは牛骨スープを合わせ、オイスターソースを加え、強火で一気に煽る。薬味(にんにく、しょうが、山椒、一味など)が効いている。

| | コメント (0)

2020/03/22

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

91

三島由紀夫は若い時に戦争を経験したものとして、戦争に真正面から真面目に向き合っているという印象を受けた。結論には肯けないものがあるにしても。

この大討論会の1年半後に三島は45歳で自決した。

三島と全共闘は、反米と自立ということでは一致していると見ることができるという。確かにそう思う。

運動はいつか終わる。しかし、その経験は残る。

| | コメント (0)

2020/03/21

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

90

恋する人と一緒に過ごしたい。同じ時間を共有したい。

それが限られた時間なら、なおさらだ。

初恋、そして、その後別れて一度も会っていない人。(この映画の二人のような関係だったかもしれない)

| | コメント (0)

2020/03/20

恋は雨上がりのように

89

17歳の女子高生、ファミレス・アルバイト店員の子が、45歳男性のバツイチ、子ども一人のファミレス店長に恋をする。

恋の力はすばらしい!

年の差も何のその!

小松菜奈が可愛くて、うまい。大泉洋もいい。

| | コメント (0)

2020/03/19

あす花 魚と豚と黒三兵 八堂八

Img_0103Img_0104Img_0107

左写真:水道橋「麺処 あす花」味玉らーめん 2月28日 女性店長らしい、あっさり系のラーメンである。スープがうまい。

中写真:西新宿五丁目「魚と豚と黒三兵 」魚豚骨ラーメン 3月1日 魚介と豚骨のミックススープはおいしい。完食だ。自家製麺もいい。玉ネギ、カイワレは好きである。豚肉もおいしかった。煮玉子もよくできている。

右写真:中目黒「灼味噌らーめん 八堂八」味玉味噌らーめん 3月6日 うまくて、新しくて、ユニークな味噌ラーメンだ。完食できる。マイルドでありながら、深い味わいである。麹が効いている。麺もおいしい。山くらげがコリコリしてうまい。チャーシュー、お肉粒もいい。玉子も丁寧に作ってある。

| | コメント (0)

2020/03/18

NOODLE VOICE  石器 ひむろ

Img_0096Img_0098Img_0100

左写真:池袋「NOODLE VOICE 」濃厚ホタテそば 2月11日 このMIXスープはとてもおいしい。ホタテが効いている。旨味が感じられる。太麺との相性もいい。チャーシューも厚くて食べがいがある。ダイコン、玉ネギ、カイワレ、ユズも効果的に使われている。きれいに仕上がっている。

中写真:高田馬場東側「石器ラーメン」石器ラーメン 2月12日 確かにスープは最後まで熱くて、おいしい。趣向がちょっと面白いラーメンだ。

右写真:有楽町「北海道ラーメン ひむろ」味噌オロチョン 2月23日 定番のおいしい味噌ラーメン。ピリ辛がいい。ニンニクを入れるのもいい。時々食べたくなる。

| | コメント (0)

2020/03/15

1917 命をかけた伝令

88

臨場感あふれるワンカットという手法のチャレンジはすごいと思う。

話としても起伏に富んでいる。

戦争はイヤだ!

登場する女性は、女の赤ちゃんを守っている一人だけ。

男が戦争を始め、戦っている。

| | コメント (0)

2020/03/14

ジュディ 虹の彼方に

87

レネー・ゼルウィガーのアカデミー賞主演女優賞は納得!

47歳で亡くなったジュディ・ガーランドは辛い人生だったと思う。

子ども時代の傷は大きかった。

ジュディは同性愛等に対する理解と共感があった。

| | コメント (0)

2020/03/09

ファイトクラブ

86

デヴィッド・フィンチャー監督は鬼才だ!

エドワード・ノートン、ブラッド・ピットは凄味がある。

暴力、肉体が前面に出ている映画だ。

| | コメント (0)

2020/03/08

Fukushima50

85

こういう映画は作って、残していってほしい。

上の方は現場に対する理解は薄い。

現場なくしては何も解決しないのに。

| | コメント (0)

2020/03/06

ジョジョ・ラビット

84

あのような戦争、ユダヤ人虐殺(ホロコースト)は二度と起こさないでほしい。

キャスト、ストーリー、よくできている。

傑作だろう。

| | コメント (0)

2020/03/05

37セカンズ

83

いい作品に出会えた。

「私は障碍者」というのはどういうことだろう?

後半からラストは心温まる物語になった。

前半の性・セックスに関連する話は対比として、インパクトがある。

主人公のユマさんのウブで純粋な心が伝わってくる。

悪い人が出てこない。風俗関係の人たちもいい人である。

福祉ヘルパーの男の子はメチャいい人である。

| | コメント (0)

2020/03/02

幸福なラザロ

82

寓話ではある。

農村でも、都市でも貧しい者が描かれる。

誰に対しても、何も搾取しない者、それがラザロだ。

| | コメント (0)

2020/03/01

ある女流作家の罪と罰

81

著名な作家の偽の手紙を作っている時~

その時がとても充実していた、輝いていたというのだから……。

メリッサ・マッカーシーはさすがにうまい!

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »