« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020/02/26

プリズン・サークル

640

「加害者の前に被害者である」

自己責任だけでは片づけられない。

社会で一定程度担っていかなくてはならない問題である。

| | コメント (0)

2020/02/25

フォードVSフェラーリ

80

男の友情の話として感動した。

レース・シーンは大いに迫力あり。

| | コメント (0)

2020/02/24

最高の人生の見つけ方

79

死を前にすると(余命が幾ばくも無いと)……、

結局はお金では得られないものが大切に思えてくる。

例えば、家族のことなど……。

吉永小百合の真面目さ、真剣さが伝わってくる。ここは好きだ。

| | コメント (0)

2020/02/23

おばあちゃんのはこぶね

78

これも女性の一生を描いた作品とも言える。

お父さんが作ってくれた「はこぶね」が一人の女性の傍らに常に寄り添っている。

しみじみとした味わいのある絵本である。

『雪のひとひら』も併せて読んでみると、女性にとっての男性というものを考えさせられる。

それは父であり、夫であり、そして神でもある。(神は旧約聖書では特に男性のイメージである。)

こんな風に感じるのは、私が男性だから?

| | コメント (0)

2020/02/22

雪のひとひら

77

女性の一生を雪のひとひらの誕生から死までとして表現したファンタジーである。

そこには悲しいことも辛いこともたくさんある。

そこに貫いているのは「愛」であり、多彩な愛が描かれる。

自然に対する愛、人間に対する愛、神の愛……。

夫への愛、子どもたちへの愛……。

無償の愛、まさに自己犠牲的な愛……。

これらは男性でも同じである。

私も、愛のもとに、一緒に笑ったり、泣いたりしたいんだなぁと思った。

自らの誕生の神秘(不思議さ)についても思い返し、考えたくなる作品である。

| | コメント (0)

2020/02/20

男と女 人生最良の日々

76

アヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンの二人の長い掛け合い(会話)のシーンは見ごたえあり。

年を取ると、身体・セックスの関係より、会話の関係だよね。

| | コメント (0)

2020/02/11

Chu-Ru-Ri どさん子 ひよこプリン

Img_0091Img_0092Img_0095

左写真:十条「らーめん専門 Chu-Ru-Ri 」芳醇塩らーめん 2月2日 バランスが取れているおいしい塩ラーメンだ!小さなアイスコーヒー、漬物のサービスもある。店員さんたちのコンビネーション、客対応もいい。味噌、醬油、つけ麵、まぜ麺もおいしそう。

中写真:中目黒「どさん子」札幌味噌ラーメン 2月3日 スープがおいしかった。ニンニクを入れたらさらにおいしくなった。老夫婦がどさん子を守り抜いている。

右写真:平井「ひよこプリン」つけめん 2月10日 ライトでヘルシーなつけ麵。きれいだし、おいしい!麺も全粒粉入りでうまい。スープ割りもいけるので、完食!

| | コメント (0)

2020/02/10

維新 長尾 しば田

Img_0087Img_0089Img_0090  

左写真:目黒「麺や 維新」わんたん麺 1月20日 おいしかった。すっきり醬油味。油は多め。わんたんもよかった。オーソドックスであり、質が高い人気店だ。

中写真:淡路町「長尾中華そば」こく煮干し 1月29日 普通においしく食べられた煮干しラーメンである。

右写真:仙川「中華そば しば田」中華そば 1月31日 すっきりとした醬油スープが実にうまい!これが最大の魅力だ。1時間以上待ちの行列店だった。

| | コメント (0)

2020/02/09

大家さんと僕

74 75

2人の出会いは奇跡のようなものであり、素晴らしい。

そして、この2人の出会いは永遠になった。

約10年間くらい、「僕」は大家さんのところに住んでいたことになる。

最後は泣けてしまう。

| | コメント (0)

2020/02/08

小林多喜二の手紙

73

小林多喜二の田口タキへの恋文はとても胸を打つ。

あの時代における純粋な気持ちの表れだ。

酷い社会の中での恋愛だ。

| | コメント (0)

2020/02/04

マリッジ・ストーリー

72

結婚はたいへんだが、

離婚もたいへんだ!

子どもがいればもっとたいへんだ!

スカーレット・ヨハンソン、アダム・ドライバー、どちらもうまい。

長セリフだ。舞台を見ているようだ。

| | コメント (0)

2020/02/03

トイ・ストーリー4

71

面白い、よくできている。

おもちゃも自立(律)する?

自分の道を選択し歩んでいく。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »