« あの日のオルガン | トップページ | つきひ 懐や GOTTSU »

2019/05/20

ROMA

15

ひどい男たち、ないがしろにされる女たち。

女たちは連帯する。女たちは生活をしていく、生きていく。そこに愛がある。

モノクロで、間を大切にしながら、しみじみと描く。

1971年のメキシコ。時代を描く。先住民たちの貧しさ、差別を描く。出産場面を描く。

それらを丁寧に、きめ細かく描く。それは大した監督の手腕である。

アカデミー賞外国語映画賞、監督賞を受賞。

|

« あの日のオルガン | トップページ | つきひ 懐や GOTTSU »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの日のオルガン | トップページ | つきひ 懐や GOTTSU »