« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019/01/27

仕事なんか生きがいにするな

964 精神科医の泉谷閑示さんの本である。(幻冬舎新書) 教えられたことは多い。
*アレントの言った意味での「仕事」の復権や「活動」というものへの目覚め、そして忘却されて久しい「観照」というものを、たとえわずかであっても日々の生活の中に復活させることが大切である。
*愛とは、相手(対象)が相手らしく幸せになることを喜ぶ気持ちである。欲望とは、相手(対象)がこちらの思い通りになることを強要する気持ちである。
*「愛」が働く時、私たちは対象を深く見つめ、耳を澄まし、そこに潜む本質を感じ取ろうとする。これによって物事に秘められた真実が、見つめる者、耳を澄ます者に、静かに開示される。
*あえて無計画、無目的に、自分の行動を「即興」に委ねてみることによって、私たちの決まりきった日常が、ささやかながらもエキサイティングな発見と創意工夫に満ちたものに変貌する。これを「偶然に身を開く」と呼ぶ。
*「面倒臭い」と感じることを、むしろ積極的に歓迎してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/26

ローズの秘密の頁

963 昔の精神病院はそれがは恐ろしい。今はそうではないと思うが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/24

ナチュラルウーマン

962 トランスジェンダーのことを取り上げたチリの映画である。アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。
 愛する者を亡くした悲しみは、性・ジェンダーとは関係ない。その辛さは同じだ。その痛みが沁みるように伝わってくる秀作である。
 トランスジェンダーについての問いが投げかけられる。私は受け入れられると思うし、日本はその点寛容であってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/20

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

961 呼吸する、食べる、排せつする……当たり前のようなことだけれど、生きる上で不可欠のことである。
 歩けること、手を使えること……これもありがたいことである。
 そして、人間にとって、言葉が使えることは大きい。話ができること、さらに書くことができること……これは素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/19

臥龍 笑歩 五ツ星

Img_0752Img_0758Img_0759 「TRY ラーメン大賞」のマガジンを持ちながら、ラーメン店を訪問している。
左写真:三軒茶屋「臥龍」鶏チャーシュー麺 1月7日 最後までスープを飲み干す時の至福感!鶏白湯麺の上位のお店である。きれいなラーメンである。
中写真:綱島「中華そば 笑歩」特製中華そば 1月18日 「多賀野」の遺伝子を持っている。多賀野よりクセのないスープは穏やかでいい。地元に長く愛されるラーメン店になるだろう。当然スープは完食。チャーシューもうまい。
右写真:小川町「下松ラーメン 五ツ星」ラーメン・モヤシ増し 1月19日 牛骨スープはうまい!完食。薄いチャーシュー、ネギとモヤシもシンプルでいい。細麺が少し固めに茹でてあり、少量なのも私好み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/18

棋士と哲学者

960 糸谷哲郎(棋士)と戸谷洋志(哲学者)による「僕らの哲学的対話」の本である。(イースト・プレス)  二人とも1988年生まれの30歳である。
*「俺は哲学者だ」って自称したら、大学の研究者だけに限定されない何かを背負っている感じがする。
*哲学の研究方法とは「概念の吟味」である。…哲学者の役割は、概念のネットワークを有機的なものにしていくこと。首尾一貫した概念を使って、現実が理解できるようになるのを支援すること。
*「ゆとり世代」は、資本主義とは異なる世界の秩序、もう少し抽象的に言えば、自分に見えている世界とは違う世界のあり方を想像できない世代でもあり、この社会が進歩していくことも期待できない世代でもある。いま見えている世界がずっとダラダラ続いていって、どこまで行っても同じ風景が広がっているような。
*「ゆとり世代」は、「みんなと仲良くしないといけない、でも個性的でいなければいけない」みたいなジレンマに陥るようになった。
*平成の時代は、あくまでも社会設計を重視していこうとする思想になっている。このことが、他者と議論する能力をどんどん摩滅させていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/17

マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する ③

959 ロボット工学の石黒浩教授との対談は面白かった。
*歴史を振り返るとき、ドイツ社会では全体として、失敗は「非人間化」のせいだったという見方が定着している。収容所は非人間化の結果だという。
*論理的な語彙と経験的な語彙をはっきりと区別するべきである。
*ドイツは概念レベルのみで統一されている。
*私たちは、動物自体であることは変わらないけれども、技術の進歩に適応する形で、セルフイメージが変わっていく。
*ある程度の複雑さに達したら、意識が存在するようになるはずである。

*「相対主義」もまた相対化し続ける、そうした引き裂かれる緊張感に笑顔で耐える勇気と精神の柔軟性を保つこと。
*あくまでも、「動物である人間」だが、「作られたもの」から、「作るもの」へと変わったことは確かである。
*今や、「現実」と「虚構」、どちらかの世界を選び、すっきりしたいと望もうとすること自体で、足元を掬われるワナが控えているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/16

マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する ②

958 マルクス・ガブリエル(写真)の「新実在論」へ向かっての話が展開される。
*真実がなければ純粋な闘いが生じる。それがドナルド・トランプの世界観だ。結局のところ、正義などなく、あるのは征服だけだ。それが彼のビジネスモデルだ。
*知識と科学は道徳観を形成する上で絶対的に重要だ。
*自らの「知る能力」を疑ってはならない。
*民主主義は、「明白な事実の政治」と呼ぶものに基づくべきものだ。それこそが守るべき価値だ。
*僕らがどうすべきかということに関する道徳的事実を含めて、事実は存在する。そしてこれらの事実は普遍的だ。それらはすべての人間に開かれている。まさに僕らは同じ種の動物だからだ。僕らの間に深い違いなどない。地域的な文化の違いはあっても、深い違いはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/15

マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する ①

957 NHK放送の内容を基にしているので、分かりやすい。(NHK出版新書)
*「世界」という包括的な概念は誰も捉え得ない、捉えたと思ってもそれは錯覚であり、唯一の「世界」像は存在しないという認識の「新実在論」を世に広めたい。
*人間の現実は、とても多くの層を、常に変化し続ける層を形作らなければならない。接触しているすべての層は、各々の現実の階層があり、それをフィールド・オブ・センス、「意味の領域」と呼んでいる。
*コンピュータとは論理的なシステムにほかならない。
*人生は思考する生き物として、生から死へ流れるのではなく、死から生へ向かう。未来が現在に、そして現在が過去に構造を与える。
*「事実」は時間を持たない。その事実自体は崩壊しない。つまり、今生きている現実は単に崩壊する物体だけによって構成されているわけではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/14

キッチン

956 平成の幕開けを象徴する小説である。新しい時代の空気を感じさせる。
 新しい時代の中での喪失と再生の物語。それは従来の政治や経済とは距離を置いた、その人自身の実存的な話である。そこに透明感を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/13

エチカ スピノザ ②

955 「自由」「意志」「責任」の問題は、現代的な問題でもある。
*スピノザの考える自由の状態とは、与えられている条件のもとで、その条件にしたがって、自分の力をうまく発揮できることである。
*私は自らの行為において、自分の力を表現している時に「能動」である。それとは逆に、私の行為が私ではなく、他人の力をより多く表現している時、私は「受動」である。
*自由であるとは能動的になることである。
*意識は結果だけを受け取るようにできている。
*意志は自由な原因ではない。それは、何ものからも影響を受けない自発的な原因などではない。
*行為は多元的に決定されているのであって、意志が一元的に決定しているわけではない。
*そもそも一つ一つのケースを具体的に検証しない限り何も言えないというのはスピノザ『エチカ』のエソロジー的な教えである。
*「真理」の獲得のためには主体の変容が必要である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/10

エチカ スピノザ ①

954 100分de名著で國分功一郎さんが丁寧に解説してくれている。とてもありがたいことである。
*スピノザは、「組み合わせとしての善悪」という考え方を提案している。
*私にとって善いものとは、私とうまく組み合わさって私の「活動能力を増大」させるものである。
*スピノザの倫理学は「実験すること」を求めている。
*コナトゥスとは、自分の存在を維持しようとする力のことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/08

ライク 六坊 満鶏軒

Img_0749Img_0750Img_0751 年末年始のラーメン店めぐりである。
左写真:方南町「クラム&ボニート 貝節麺ライク」特製貝節潮そば 12月30日 スープに貝の香り、とてもおいしい。完食だ!種類の違う3種類のチャーシュー、これはすごいことだ。きちんと仕事をしている。
中写真:池袋東口「六坊担担麺」成都式汁なし担担麺 1月2日 これはおいしい担々麺だ!成都式はいいね。黒酢、腐乳、にんにくなどを入れて味の変化も楽しめる。
右写真:錦糸町「中華そば 満鶏軒」特製塩らーめん 1月6日 塩スープはおいしくて、完食。行列店になっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/07

それだけが、僕の世界

953 違った環境で育った兄弟、余命少ない母親…家族の物語である。
 泣かせる韓流ドラマであり、中高年女性の観客が多かった。
 若干、偶然が重なるストーリー展開である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/06

メアリーの総て

952 伝記映画は難しい。物語風にはストーリーは作れない。(史実が足かせになる?人生史の中で、どこをピックアップすればいいのか?)
 19世紀初頭、約200年前のイギリスの女性だ。『フランケンシュタイン』誕生の背景が分かる。見捨てられた怪物はメアリーの投影?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/05

はじめてのおもてなし

Images149 現代のドイツの様子が分かる。
 難民問題は大きな問題だ。ドイツ人の微妙な心理もうまく表現している。
 先進国に共通な人生上の課題も散りばめられている。老い、夫婦、自分探し、働き過ぎ、離婚等々…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/04

にし乃 ちとせ 麺と未来

Img_0731Img_0744Img_0745 いいラーメン店を訪問できたなぁ。
左写真:本郷三丁目「中華蕎麦 にし乃」中華そば(肉ワンタン2個) 12月8日 スープが抜群にうまいので完食!チャーシューは柔らかくておいしい。肉ワンタンもGood !
中写真:曙橋「麺庵 ちとせ」塩煮玉子 12月25日 やっと訪問することができた。人気店に成長していた。塩スープは実にうまい。完食だ。きれいに作られている。細麺がいい。チャーシューは肉厚で柔らかくておいしい。メンマは太い。
右写真:下北沢「麺と未来」特製塩らーめん 12月29日 特徴は太い平打ち麺(きしめんのよう)である。これがモチモチ感があって、おいしい。塩スープもよくできていて、完食!チャーシューは肉厚で旨味があり、食べがいがある。エビワンタンはプリプリ感ある。いい仕事している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/03

花田 ぶぶか 机上の空論

Img_0712Img_0713Img_0722 気まぐれ的にラーメン店を訪問している?
左写真:池袋東口「麺処 花田 池袋本店」味噌(ニンニク大、野菜増し) 11月25日 今回はニンニクあり、しかも特別に大盛りにしてもらった。好きな味噌ラーメンである。
中写真:新宿「ぶぶか」油そば・あっさり白丸 11月30日 こってり黒丸の方がよかったかも?
右写真:東十条「机上の空論」机上のネギ味噌中華そば 12月1日 トーバンジーを入れるとおいしくなった。ざっくり切ったネギが多いのはネギ好きにはうれしい。サイコロ状のお肉もうまかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/02

野方ホープ 花田 Noodle Stand Tokyo

Img_0707Img_0708Img_0711 山手線のラーメン店ということになる。
左写真:高田馬場東口「野方ホープ 高田馬場店」濃(こく)半熟煮玉子入り 11月16日 久しぶりの背脂ラーメンだった。
中写真:池袋東口「麺処 花田 池袋本店」味噌 11月17日 味噌ラーメンとしては上の部類だ。おいしい!人気行列店である。
右写真:原宿「Noodle Stand Tokyo」味玉煮干ラーメン(醤油) 11月23日 煮干しスープがおいしくて完食!チャーシューは柔らかい。具も丁寧に作られている。きれいなラーメンだし、水準は高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/01

私は、マリア・カラス

951 観客に中高年が多かった。
 3つの音楽作品(クイーン、レディーガガ)の中で、一番曲を知っていたので楽しめた。
 マリア・カラスは表舞台ではいつも気丈夫、誇り高い。裏では、か弱い面を持っていた。
 歌が自分の言葉であり、表現であった。ディーヴァ(歌の女神、歌姫)だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »