« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018/11/27

おみおくりの作法

944 メイさんはいい仕事をしてくれていたなぁ。
 メイさんは、人との交際は少なかったし、孤独だった? いい交際の兆しが見え始めていたが…。かわいそう…。
 いや、死者たちと繋がっていて、とても静かでよい人生だった!死後の世界はとても豊かであろう。
 私には真似できない。私は生きている人間との関係を楽しみ、喜ぶタイプである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/26

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

943 ベタな笑いの連続は、頭を使わなくて済むから、楽しいなぁ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/23

ラブ・アゲイン

942 基本的にラブ・コメディである。
 それに、「魂の伴侶」という真面目なテーマが心棒にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/21

ボヘミアン・ラプソディ

941 知っている曲がいくつかあって、楽しかった。
 IMAXの劇場は迫力があった。
 問題はエイズだ!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/19

花様年華

940 夫婦間の寂しさ、不倫の切なさを映像と音楽で見事に表現している。官能的でもある。
 1960年代の香港を舞台にしている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/17

タクシー運転手 約束は海を越えて

939 1980年の光州事件は韓国の重たい現代史だ。
 これをしっかりと表現している。今の時点で作り、見る意義はある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/15

ハンナ・アーレント

25 ハンナ・アーレントは哲学をする。世界市民として思考する。自分の民族、同胞を優先しない。それだから人から冷たく傲慢に見られる。
 友人を大切にする。忌憚なく議論し合える友人を尊ぶ。ニューヨークでも魅力ある友人たちに囲まれ、活発に話し合った。だから、友人たちが離れていくことに対して、とても落胆した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/14

神様のいない日本シリーズ

938 田中慎弥著、文春文庫である。
 1986年の日本シリーズ、私は新婚時、ぼんやりと覚えている。広島の山本、西武の工藤、東尾、清原、森監督……。
 「ゴドーを待ちながら」(ベケット)の戯曲がこの小説でうまく使われている。
 中学生男子の好きな女の子に対する「あるある」描写がこそばゆい。
 そして、父と息子が中心のテーマである。
 私にとっては、「待つ」ということが考えたいテーマとして残った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/13

飯田商店 たかはし 茂木

Img_0704Img_0705Img_0706 寄りやすい所に行って、ラーメンを食する。
左写真:大久保公園「らぁ麺屋 飯田商店」濃密鶏精湯と濃密昆布水のつけ麺 10月31日 新しいつけ麺に挑戦している。
中写真:歌舞伎町「焼きあご塩らー麺 たかはし」焼きあご塩らー麺 11月3日 おいしかった!しかし、西武新宿駅前店の方が雰囲気は好きである。
右写真:三軒茶屋「ラーメン茂木」わんたんめん 11月5日 スープがうまくて完食!「四谷こうや」出身らしい。ワンタン5つ、でかい! チャーシュー大きいのが2枚。ボリュウーム十分!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/12

とみ田 風梜堂 はやし

Img_0701Img_0702Img_0703 大久保公園の大つけ麵博などに行ってみた。
左写真:大久保公園「中華蕎麦 とみ田」つけ麺(特選全部乗せ) 10月27日 さすがとみ田である。この悪条件下でもおいしいつけ麺を提供する。つけ汁は最高だし、麺の量も十分である。トッピングのチャーシュー、玉子の完成度は高い。スープ割りも魚系の味が効いていて絶品!申し分ない。
中写真:大久保公園「札幌つけ麺 風梜堂」札幌味噌つけ麺 10月28日 味噌つけ麺は意外においしかった。塩を付けることによって旨味が増す。
右写真:渋谷「はやし」味玉らーめん 10月30日 久しぶりだが、さすがである。麺がつるつるして、スープとの相性は抜群である。チャーシュー、玉子、メンマなどの具はよくできている。相変わらずの行列店である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/09

海神 鶏の穴 第一旭

Img_0684Img_0685Img_0686 思いつくままにお店を回っている感じである。
左写真:新宿駅南口「麺屋 海神」あら炊き塩らぁめん 10月7日 きれいなラーメンで、上品な味、おいしい。具もうまい。焼きおにぎりを入れて完食!満足。相変わらずの人気店であった。
中写真:池袋東口「鶏の穴」白鶏らーめん 10月9日 スープがめちゃおいしい。当然完食!麺、鶏チャーシュー、メンマも水準を超えている。
右写真:歌舞伎町大久保公園「本家第一旭 たかはし本店」10月14日 スープがさっぱりしていて好きである。薄いチャーシューも合っている。九条ネギも好みである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/06

サーチ

937 全てパソコン内の画面で見せるというのは初めての試みである。それゆえにこの作品は映画史上に残るであろう。
 パソコン、SNSは今こんなことができるという、パソコンの機能をおさらいしているような感じはあるが…。
 いずれにせよ、パソコン、SNSを無視して映画を作ることはできない現在である。
 なりすましや偽造などが大きな問題であり、残念なことにこれは事件になるし、ひいては映画などのドラマになるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/02

隣の女

936 フランソワ・トリュフォー監督の作品である。
 心中ものと言っていい。性的なものの結びつきが強い。精神の失調に至り、悲劇が起きる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »