« 幸福とは何か ④ | トップページ | 幸福とは何か ⑥ »

2018/08/12

幸福とは何か ⑤

913 私の好きなアラン(写真)の幸福論である。
〈アラン〉
*難破船上の乗客・乗員も自分の小屋を作る石工も、目の前にある出来事や対象とじかに向き合い、過剰な観念や感情を介在させることなく、次の行動へ、その次の行動へと進んでいくことが求められ、心身が求めに応じようとすることによって、そこに心身に具わる生命力がおのずと発動し流露するといった具合である。
*アランは、独自の存在としての個人が孤立していては幸福も喜びもゆたかに生育することは望めず、単位としての個人が自然に、自由に、交流する場でこそ人間的な幸福や喜びが育まれると考える個人主義者だった。
*自然との関係においては体を動かし道具を使って仕事をすることが幸福の原形であり、他人との関係においてはたがいに相手にたいして友情ないし愛情を感じられることが幸福の原形だった。

|

« 幸福とは何か ④ | トップページ | 幸福とは何か ⑥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66753/67047967

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福とは何か ⑤:

« 幸福とは何か ④ | トップページ | 幸福とは何か ⑥ »