« 芋虫 | トップページ | 幸福とは何か ② »

2018/08/08

幸福とは何か ①

910 長谷川宏著、中公新書である。
 長谷川さんの文章は落ち着いていて、格調があるので、じっくりと読める。

*しあわせの基本形は、静けさ、平穏さ、身近さ、さりげなさにある。

*エピクロス派やストア派にあっては、国家のために生きること、あるいは共同体社会の一員であることは、もはや無条件の正義でも善でもなく、国家や共同体とは場を異にするおのれの一個の生活にも独自の価値が認められ、そこでは国家や共同体のそれとは類を異にする正義や善がなりたつと考えられるに至った。
*古代ギリシャ・ローマの脱俗は現実の政治活動や経済活動から身を退きつつ、なおこの世を生きる自己の内面へと~内面の理性へと~向かう傾向を強くもつということができる。

|

« 芋虫 | トップページ | 幸福とは何か ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66753/67035235

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福とは何か ①:

« 芋虫 | トップページ | 幸福とは何か ② »