« 幸福とは何か ① | トップページ | 幸福とは何か ③ »

2018/08/09

幸福とは何か ②

911 中世は飛ばして、近代の幸福論へと入っていく。
〈ヒューム〉
*心に生じる知覚のすべてが「印象」と「観念」に区別される。印象はさらに、根本印象(感覚の印象)と二次的印象(反省の印象)とに区別される。
*幸や不幸は偶然のなりゆきのままに生じたり生じなかったりするものではなく、そこに人間の意志や意欲が働いている。その意志や意欲の働きをヒュームは偶然的なものと考える傾きが強い。

〈アダム・スミス〉(肖像画の人)
*社会的存在である人間の、感情面での土台となるのが共感であり、行動面(経済面)での土台となるのが取引と交換である。
*感情が共感という形で他人とつながると、つながっていることが感情に安定感をもたらす。
*技術の改良も、効率の向上も、生産量の増加も、活動の持続性と統一性を前提として初めて可能となった。

|

« 幸福とは何か ① | トップページ | 幸福とは何か ③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66753/67038691

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福とは何か ②:

« 幸福とは何か ① | トップページ | 幸福とは何か ③ »