« はじめての哲学的思考 ① | トップページ | 成功ではなく、幸福について語ろう ① »

2018/06/03

はじめての哲学的思考 ②

887 苫野一徳さん(写真)には、今後も期待したい若手研究者である。
 この本で、「本質観取」について、具体的に説明してもらっている。

*本質観取で取り上げる概念の種類
①感情~恋、嫉妬、不安、なつかしさ…
②ことがら~芸術、教育、政治…
③価値~道徳、正義、美、自由…
*その概念についての経験がほとんどなければ、僕たちはその本質観取をすることも当然難しい。
*本質観取の手順
①体験(わたしの「確信」)に即して考える
②問題意識を出し合う
③事例を出し合う
④事例を分類し名前をつける(キーワードを見つける)
⑤すべての事例の共通性を考える
⑥最初の問題意識や疑問点に答える
*4つの観点
①本質定義
②類似概念とのちがい
③本質特徴
④発生的本質

|

« はじめての哲学的思考 ① | トップページ | 成功ではなく、幸福について語ろう ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66753/66789016

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての哲学的思考 ②:

« はじめての哲学的思考 ① | トップページ | 成功ではなく、幸福について語ろう ① »