« 妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ | トップページ | はじめての哲学的思考 ① »

2018/05/31

三度目の殺人

885 映画を観て、この小説を読んで、モヤモヤは増え、深まる。これはいい傾向だ。
 いくつかの問いを整理しておこう。
①「三度目」の殺人とは何のことか?
②この裁判は控訴した方がいいか?(控訴しない場合、咲江は一生後悔するのではないか?)
③三隅とはそもそもどういう人物なのか?(殺人、怒り、落ち着き、優しさ、人の役に立つ、生まれてこない方がよかった……)
④咲江とはそもそもどういう人物なのか?今後どうなっていくのだろうか?(ウソをつく、父、母、友だち、三隅、孤独、北海道の大学……)

|

« 妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ | トップページ | はじめての哲学的思考 ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66753/66778626

この記事へのトラックバック一覧です: 三度目の殺人:

« 妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ | トップページ | はじめての哲学的思考 ① »