« ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 | トップページ | ダンガル きっと、つよくなる »

2018/04/23

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

875 さすがスティーブン・スピルバーグ、堅実な演出だ。それにメリル・ストリープ、トム・ハンクスが十分に応えている。
 特に、メリル・ストリープの社主としての苦悩と変化をうまく演じている。
 報道の自由と国家権力との相克を描いた実話だが、身に迫ってくる。今の日本にこそ必要な映画だ。日本の報道機関に期待したい。

|

« ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 | トップページ | ダンガル きっと、つよくなる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66753/66642954

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書:

« ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 | トップページ | ダンガル きっと、つよくなる »