« 15時17分、パリ行き | トップページ | 観光客の哲学① »

2018/03/13

北の桜守

320 戦争、引き揚げ、シベリア抑留で亡くした息子(長男)、夫への悲しみ。次男の母への思いは強い。ここに涙する。
 中高年の客が多かった。
 サユリストだから、映画に対する評価は甘くなる。

|

« 15時17分、パリ行き | トップページ | 観光客の哲学① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66753/66492910

この記事へのトラックバック一覧です: 北の桜守:

« 15時17分、パリ行き | トップページ | 観光客の哲学① »