« 哲学の最新キーワードを読む③ | トップページ | リメンバー・ミー »

2018/03/25

哲学の最新キーワードを読む④

871 新しい公共哲学を目指すということがこの本の意図である。

11 ポスト資本主義社会は共有がもたらす~シェアリング・エコノミー
*クラウドベース資本主義である。(一般大衆、クラウドが中心)
*テクノロジーのおかげで、世界規模で新たなコモンズが生じようとしている。…個人を主体としている。
*シェアをインフラのようにとらえ、自分の都合に応じて利用するという気軽さだ。

12 自分と他者を同時に幸福にする~効果的な利他主義
*ピーター・シンガー(写真)の提唱する効果的な利他主義も、功利主義の発想に基づいている。

〔おわりに〕 未来のための新しい公共哲学
*〈多項知〉は「私」とつながっている。かといって、「私」に回収してしまえるほど存在意義の小さいなものではない。だから、「私」が〈多項知〉を駆使して社会を変えるというのが一番正確だといってよい。
*「私」が〈多項知〉という複数の項からなるネットワーク状の知をつなぎ合わせる役割、「ハブ」を担うことが重要である。

|

« 哲学の最新キーワードを読む③ | トップページ | リメンバー・ミー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66753/66535048

この記事へのトラックバック一覧です: 哲学の最新キーワードを読む④:

« 哲学の最新キーワードを読む③ | トップページ | リメンバー・ミー »