« 観光客の哲学② | トップページ | 観光客の哲学④ »

2018/03/17

観光客の哲学③

865 アントニオ・ネグリ(写真)らが使った「マルチチュード」という概念を活用している。
 第4章「郵便的マルチチュード」
*「郵便」は、存在しえないものは端的に存在しないが、現実世界のさまざまな失敗の効果で存在しているように見えるし、またそのがぎりで存在するかのような効果を及ぼすという、現実的な観察を指す言葉である。その失敗を「誤配」と呼ぶ。
*人間社会にダイナミズムを与えているのは、他者の絶対的排除でもなければ、他者への完全な開放性でもなく、そのあいだの状態だということだ。
*富の偏りは、一部の富めるものがつくるのではなく、ネットワークの参加者ひとりひとりの選択が自然に、しかも偶然に基づいてつくりだしていく。
*「人間の条件」とその外部、政治とその外部、国民国家と帝国、規律訓練と生権力、正規分布とべき乗分布、人間がひとりひとり人間として遇されるコミュニタリアンなコミュニケーションの圏域と人間が動物の群れとしてしか計数されないリバタリアンな統計処理の圏域とが、同じひとつの社会的実体のふたつの権力論的解釈として同時に生成する。
*出会うはずのない人に出会い、行くはずのないところに行き、考えるはずのないことを考え、帝国の体制にふたたび偶然を導き入れ、集中した枝をもういちどつなぎかえ、優先的選択を誤配へと差し戻すことを企てる。……ぼくたいちは、あらゆる抵抗を、誤配の再上演から始めなければならない。これらを「観光客の原理」と名づける。
*コミュニタリアニズムは、あらゆる信念は結局は主体が所属する共同体(国民国家)の偶然性に規定されると主張する政治思想であり、他方でリバタリアニズムは、社会の基盤(メタユートピア)はあらゆる信念に関係なく設計されるべきだと訴える政治思想である。
*もし憐れみがなければ、人類はとうのむかしに滅びていただろうとルソーは記す。憐れみこそが社会をつくり、そして社会は不平等をつくる。
*ルソーもローティもおそらくは誤配の哲学者だったのだ。誤配こそがヘーゲルが見なかったものであり、そしてぼくたちがいま回復しなければならないものなのだ。観光客の哲学とは誤配の哲学なのだ。そして連帯と憐れみの哲学なのだ。ぼくたちは、誤配がなければ、そもそも社会すらつくることができない。

|

« 観光客の哲学② | トップページ | 観光客の哲学④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66753/66505448

この記事へのトラックバック一覧です: 観光客の哲学③:

« 観光客の哲学② | トップページ | 観光客の哲学④ »