« 22年目の告白~私が殺人犯です~ | トップページ | 騎士団長殺し »

2017/07/18

白痴

805 坂口安吾の1946年(昭和21年)に書かれたということで、とても意義のある作品である。(新潮文庫)
 その少し前に書かれた『堕落論』と併せて読む作品とも言える。
 国家によって作られた理想・理念など、虚しい美しさである。人間の本能・本性にまで堕落せよ、生きよ。そこから自らの理想・理念が生まれてくる。
 これは今にも通ずる。だから私は共感する。

|

« 22年目の告白~私が殺人犯です~ | トップページ | 騎士団長殺し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66753/65550783

この記事へのトラックバック一覧です: 白痴:

« 22年目の告白~私が殺人犯です~ | トップページ | 騎士団長殺し »