« 超図解「21世紀の哲学」がわかる本 ① | トップページ | 超図解「21世紀の哲学」がわかる本 ③ »

2017/04/08

超図解「21世紀の哲学」がわかる本 ②

776 現代の哲学・思想のあらましを紹介している。
*生命圏を有機的な統一体と考え、生命全体の平等主義から自然をとらえる。(ディープ・エコロジー)
*「本質」とは、あるモノを他のモノと区別する何かである。
*統合情報理論とは、ある身体システムに情報を統合する能力があれば意識がある、とする立場である。
*ジョン・サール(写真)の「生物学的自然主義」~心や意識を自然主義的な立場から生物学的に探究する。……意識はそのあり方(いわゆる存在論)のうえでは、人に固有のものであり一人称的なものである。これは三人称的な因果関係では説明できない。つまり、意識は因果的に還元可能ながら、存在論的には還元できない。
*仮説設定の活動を「アブダクション」と言う。アブダクションは論理化が困難で、機械化が難しい活動であり、人間の創造性が発揮される活動である。

|

« 超図解「21世紀の哲学」がわかる本 ① | トップページ | 超図解「21世紀の哲学」がわかる本 ③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66753/65125137

この記事へのトラックバック一覧です: 超図解「21世紀の哲学」がわかる本 ②:

« 超図解「21世紀の哲学」がわかる本 ① | トップページ | 超図解「21世紀の哲学」がわかる本 ③ »