« 春琴抄 | トップページ | 幸せになる勇気(再読) »

2017/03/15

64 前編 後編

766 佐藤浩市、渾身の演技! 彼の代表作になるだろう。ノッテいる感じである。前編において、日本アカデミー賞最優秀男優賞を受賞した。脇役陣もいい。
 組織のしがらみ、警察組織のいやらしさを存分に描いている。家族の葛藤も描いている。一方で、人間の暖かさも描いているのだから、全体として人間を描いていることになる。
 小説を以前に読んでいたが、忘れていることも多かった。それだけに映画の前編の迫力は身に染みた。
 後編は原作から離れていくほどに、少々白けた。

|

« 春琴抄 | トップページ | 幸せになる勇気(再読) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 64 前編 後編:

« 春琴抄 | トップページ | 幸せになる勇気(再読) »