« 品川甚作 永斗麺 いろはや | トップページ | Jポップで考える哲学 ① »

2017/01/24

なぜひとを殺してはいけないのだろうか

Images145 人類が歴史的・社会的に獲得してきたものがある。すべての人が持つ生きる権利である。それは憲法や法律に明記されている。
 だから、人は特別な理由(正当防衛など)がない限り、人を殺すことができない。殺したら刑罰が科せられることになっている。これが殺人を抑制する力とはなっているのだろう。
 しかし、人を殺したくなる気持ちを持つことはある。あいつがいなくなればという思いである。行動には現れなくても、心の中では殺人を犯している。
 これらは人間の自然な気持ちのようである。だからこそ、これを実行に移さないようにするためにも、「命はなぜ大切なのか」を問わなくてはならない。この問いの変更は重要である。
 命より大切なものはあるのか。それを考えていくと、命が最も大切なもののようにも思えてくる。
 自分の命を大切にできる人は、他人の命を大切にすることに進んでいけそうな気がする。
 自分の命を大切にできない人、その人たちにはどうしたらいいのだろうか。これはなかなかに難しい問題である。

|

« 品川甚作 永斗麺 いろはや | トップページ | Jポップで考える哲学 ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜひとを殺してはいけないのだろうか:

« 品川甚作 永斗麺 いろはや | トップページ | Jポップで考える哲学 ① »