« 哲学カフェのつくりかた ② | トップページ | うかんむり 改 楓 »

2017/01/02

哲学カフェのつくりかた ③

746 前カフェフィロ代表の松川絵里さん(写真)らが、哲学カフェについて、いろいろ考察してくれている。改めて読むと参考になることが多い。

*参加者の発言がうまくからみあって、関係づけられて流れをつくっていくということを大事にしている。(寺田俊郎)
*哲学的な対話をする場を開き続けたい。……他の市民団体の活動と同じ意義を持っている。(寺田俊郎)
*思考や議論のスキルや手続き、ファシリテーション技法にあるのではなく、人々が自分の生活や実践について、互いに率直に語りあう機会を持つことによって、そこで行っている実践の意味や、その場所で生活している意味を自分の言葉で語りなおす。(高橋綾)
*対話の場所をなにかの手段のためにはせず、ただ、この時間を楽しみましょう。(高橋綾)
*哲学対話を必要としない臨床哲学など、ありうるのだろうか。(松川絵里)

|

« 哲学カフェのつくりかた ② | トップページ | うかんむり 改 楓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哲学カフェのつくりかた ③:

« 哲学カフェのつくりかた ② | トップページ | うかんむり 改 楓 »