« 死の棘 | トップページ | 5人会(平成28年9月) »

2016/09/26

自分の人生上の悩みを話すカフェ

696 第34回人生カフェは9月24日(土)、7名(男性3名、女性4名)の参加によって実施された。今回のテーマは「自分の人生上の悩みを話すカフェ」である。
 参加者一人一人が自分の人生上の悩みを一つだけ話して、それをもとにして哲学カフェを展開した。話す悩みは大きいものでも小さいものでもいい、心の悩みでも、そうでなくてもいいとした。
 主に話をしてくれたのは3名であった。(他の人たちはよい聞き役となった。)
 話のタイトルのようなものを列挙すると以下のようになる。
 「人づきあいのこと」
 「(眠っている時にみる)夢のことについて」
 「尊敬する人のこと」
 それぞれの内容の詳細は省略するが、全体の話し合いの流れは以下のようなものである。
 話をしてくれたことに対して、聞き役の人たちからまずは質問や感想を述べる。話し手がそれらの質問等に答える。さらに深めていくために、話し手が体験したことを解釈したり、分析したりする。体験事例からひとつテーマを抽出して、対話を続けていくこともある。これらはすべて話し手のことを理解・共感するという姿勢で行われる。最後に、話し手の感想を聞く。

 参加者にコメントをフリップに書いてもらった。
 「尊敬でき感謝できる人を大切にしていこうかなぁ?」
 「『ずっと心にとめて、努力を続けていくと、きっといいことがある』と信じていたい。みなさんと楽しい話ができました。ありがとうございます。」
 「人にはそれぞれの経験があり、なかなか共有する事ができないので、人生カフェに参加でき、良い時間を過ごせました。」
 「人づきあいは、相手がどうあれ、まずは自分がどんな自分で在りたいかということが大切だと思った。 限りある人生、ストレスを溜めずに自分の好きなことをしていきたい。(Iさんの夢の話から) 尊敬の念であれ、恋愛であれ、人が人を好きになることはステキなことだと思う。」
 「全体的に心地よい時空間でした。 夢の中でのメッセージをありがたくいただきたいと思います。」
 「身体で感じる?快と不快 これが哲学になる?これがなるんだよね。心理学でなくて。」

|

« 死の棘 | トップページ | 5人会(平成28年9月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の人生上の悩みを話すカフェ:

« 死の棘 | トップページ | 5人会(平成28年9月) »