« SPY スパイ | トップページ | 春日亭 藤しろ 蔭山 »

2016/09/13

論理と感情とは何か

693 第33回人生カフェは平成28年9月10日(土)、12名(男性6名、女性6名)の参加によって実施された。
 今回のテーマは「論理と感情とは何か」である。
 自らが関心のあるところの、サブテーマに当たるものを参加者からいくつか挙げてもらった。
 用語の定義等に関すること:「論理とはそもそも何?」「感情とは喜怒哀楽のことでしょうか?」「論理、論理的、感情、感情的、理性、感性のイメージは人によって違うのでは?」「感情⇔理性 は対語ではなく、補完関係にあるのか? 人は未来、感情・理性がどう変化していくのか」
 論理と感情の性質等に関すること:「論理はある程度の時間を要するもの、感情は瞬間的に理屈抜きで作られるものではないか?」「論理は合理化か?感情は発作か?」「論理と感情の境界(線)はあるのか?」「男女の差はあるのか?」「暴力性は?」
 論理と感情、どちらか?:「「論理的」は「感情的」より知性が上なイメージだが、本当にそうか?」「どちらが説得力があるか?(論理と感情、どちらにうったえるべきか?)」「判断に迷った時、(あなたは)どちらを優先させるか?」「どちらにも決められないとき、どうしたら良いのか?」「両者がけんかした時に、最後にどちらが勝つか?」「トップに立つにはどちらが良いか?」

 参加者から指摘されて思うに、確かに「論理」という用語は捉えにくい。「感情」に対しては、「理性」とか「思考」と言った方がまだ分かりやすいかもしれない。今回の「論理」という用語は、要するに理屈や筋道を立てて考えることを指している。
 対話は、欲求や欲望、さらには価値や目標など抽象度の高い話まで発展した。
 そこで、いったん具体的な体験事例を話してもらう第2部に移っていった。そこで出た事例の見出し:「短気で、感情的で損をしたこと」「妻が感情的な共感を求めていたのに、夫が論理的に説明してしまったこと」

 フリーに対話を展開した後、最後に各自フリップに書いてもらった。
 「論理と感情とはよく分からない!感情をおさえず、素直な自分を表出していこうかなあ?」「心はコントロールできない」「論理(理性)と感情はバランスが大切。どちらかに片寄りすぎるのは問題である」「論理(理性)と感情とはバランスが大切」「相手の感情を受けとめる、おしはかる⇒ことを全くしないで理論で攻めるのは暴力。 相手の感情を受けとめる、おしはかる⇒ やりすぎるのもどうか」「『暴力』と『共感』」「国際平和と○○モンスターの増加について 許容されない社会、格差社会、閉塞感、明日の見えにくい混沌とした未来、様々な要因から他罰的な考え、弱者への攻撃 ~感情と論理のバランスと補完~」「「論理と感情とは何か?」という難しいお題で、特に答えが出るわけではないが、いろいろと話したり聞いたりできて良かったです。答えを出すのではなく、とりあえず話す聞くということの効果を知った気がします」「人生(哲学)カフェでは話を聞いてもらえる。そして、人の話も聞ける。そんな「場」がこれからは必要なのかも……」「今はただ祈るだけ」「人生カフェは感情の面にも注目します。(他の哲学カフェとの違い)」

|

« SPY スパイ | トップページ | 春日亭 藤しろ 蔭山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論理と感情とは何か:

« SPY スパイ | トップページ | 春日亭 藤しろ 蔭山 »