« 乱談のセレンディピティ ① | トップページ | 人はなぜ「美しい」が分かるのか? »

2016/06/20

乱談のセレンディピティ ②

660 外山滋比古さん(写真)は本書でさらにいくつかのヒントを与えてくれている。
*ものを考えるのは朝でなくてはいけない。夜に考えごとをしては、混乱するばかりである。朝の頭がいちばんよい。
*「攻撃的競争」ではなく、「調和的競争」がいい。
*舞台の上の悲劇は、客席には悲しみやいたましさを抜き去られた、味わい深いものとして伝わる。…火事やケンカは本来はよくないことであるが、それは当事者にとってのこと、「第四人称」にとってはおもしろいものでありうる。
*「第四人称」は三人称の外側にできる空間において成立するが、「第五人称」は三人称の後にできる時間によって生まれる。

|

« 乱談のセレンディピティ ① | トップページ | 人はなぜ「美しい」が分かるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乱談のセレンディピティ ②:

« 乱談のセレンディピティ ① | トップページ | 人はなぜ「美しい」が分かるのか? »