« 幸せになる勇気 ④ | トップページ | 百円の恋 »

2016/04/11

幸せになる勇気 ⑤

Kishimi_koga_1625x417_2 岸見一郎さんと古賀史健さん(写真)のおかげで、アドラーは日本で本当によく知られるようになった。
 最後のところである。
*シンプルであり続けることはむずかしい。……ほんとうに試されるのは、歩み続けることの勇気である。
*われわれに与えられた時間は有限である。時間が有限である以上、すべての対人関係は「別れ」を前提に成り立っている。
*たとえばいま、突然ご両親との関係が終わってしまうとしたら、生徒さんたちとの関係、友人たちとの関係が終わってしまうとしたら、あなたはそれを「最良の別れ」として受け入れることができるか?……そう思えるような関係をこれから築いていくしかない。「いま、ここを真剣に生きる」とは、そういう意味である。
*未来が見えないこと、それは未来に無限の可能性があるということである。(「他者」についても同様なことが言えるだろう)

|

« 幸せになる勇気 ④ | トップページ | 百円の恋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せになる勇気 ⑤:

« 幸せになる勇気 ④ | トップページ | 百円の恋 »