« 教養としての日本哲学 ② | トップページ | 下流老人と幸福老人 »

2016/04/03

家族はつらいよ

613 大いに笑った!
 脚本がいい。俳優たちもみんなうまい。そして、山田洋次監督である。面白くないわけがない。
 観客におばさんたちが多かった。大笑いしている。
 笑えるということは自分が幸せだということである。そのことを確認できる映画、そういう意味ではこの映画は贅沢な映画である。


|

« 教養としての日本哲学 ② | トップページ | 下流老人と幸福老人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家族はつらいよ:

« 教養としての日本哲学 ② | トップページ | 下流老人と幸福老人 »