« 幸せになる勇気 ② | トップページ | 幸せになる勇気 ④ »

2016/04/09

幸せになる勇気 ③

619 岸見一郎さん(写真)のおかげで、アドラーは日本でよく知られるようになってきた。
 この本の第四部は「与えよ さらば与えられん」である。
*「信用」とは、相手のことを条件つきで信じることである。「信頼」とは、相手を信じるにあたって、いっさいの条件をつけないことである。
*仕事の関係とは「信用」の関係であり、交友の関係とは「信頼」の関係である。
*「仕事のタスク」とは、単なる労働のタスクではない。他者とのつながりを前提とした「分業のタスク」である。
*われわれは仕事に身を捧げるだけでは幸福を得られない。
*われわれ人間は、わかり合えない存在だからこそ、信じるしかない。
*まずは目の前の人に、信頼を寄せる。目の前の人と、仲間になる。

|

« 幸せになる勇気 ② | トップページ | 幸せになる勇気 ④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せになる勇気 ③:

« 幸せになる勇気 ② | トップページ | 幸せになる勇気 ④ »