« 漱石と日本と日本語と日本文学 | トップページ | 生き延びるための社会学 »

2016/04/20

東京メタ哲学カフェ

Dsc_0548 平成28年4月17日に初めての「東京メタ哲学カフェ」を開催することができた。東京圏の大人向けの哲学カフェ(主に新興の哲学カフェ)の運営者とこれから哲学カフェを運営したい人たちが集まった。
各哲学カフェの紹介から始まり、その後いくつかのテーマについて対話をした。①哲学カフェ参加者の動機 ②求められるファシリテーターの資質 ③ケア的哲学カフェ
哲学とは?対話とは?哲学対話とは?といった根っこのところにかかわる対話もできたのはよかった。
3時間半の時間があっという間に過ぎた感がある。
その後の懇親会(情報交換会)をガストで行ったが、それも3時間半、楽しかった。
次回は7月3日(日)を予定している。
哲学カフェを一人(または少人数)で運営していて、他の哲学カフェが気になる運営者には最適だと思います。ぜひご参加ください。

|

« 漱石と日本と日本語と日本文学 | トップページ | 生き延びるための社会学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京メタ哲学カフェ:

« 漱石と日本と日本語と日本文学 | トップページ | 生き延びるための社会学 »