« おしゃれ | トップページ | 三ツ星 熊野 マッハ »

2016/03/09

ハンナ・アーレント

599 アーレントの公的/私的/社会的の議論は、現代のネット、SNSのことと繋げて考えたくなるものである。
 アーレントの時代にはSNSなどはなかったのだから、彼女の手法は古いかもしれない。しかし、彼女の分析の視点はSNSを考えていく上でも役に立ちそうである。
 SNSは公的と私的の両方にまたがる、まさに社会的な場である。アーレントはこの混沌たる社会的なものに若干否定的な立場のような気がするが、私は危険性を含むものと認識しながらも積極的に捉えていきたい立場である。

|

« おしゃれ | トップページ | 三ツ星 熊野 マッハ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンナ・アーレント:

« おしゃれ | トップページ | 三ツ星 熊野 マッハ »