« 嫉妬とは何か ① | トップページ | ランチパスポート 新宿 »

2015/12/14

嫉妬とは何か ②

Images124 嫉妬を2種類に分けることができる。(絵図を参照)
 一つは3人の関係で(男女の恋愛関係が典型)、絵図の右側のものであり、これは狭義の嫉妬と言える。もう一つは2人の関係で、絵図の左側のものであり、これは「羨望」という言い方もある。
 この2つは明確に分けられるものではなく、一般には広く嫉妬として認識されているものである。ただ、分けて考えた方が話が混乱しないメリットはある。

 以上のようなことを踏まえて、対話を重ねたわけだが、最後に各自の感想などを書いてもらった。
 「恋愛に伴う嫉妬は、私には過去のものになってしまったか?LOVEからLIKEへ」「捨てる覚悟 自分をつくる」「嫉妬のメカニズムを考えたい」「嫉妬とは偽りのない気持ちのあらわれ 真心」「妬みは心の貧困、飢え。だから克服しなければ生きていけない。よく生きるために妬みは1回は必要かもしれない」「嫉妬は自分の心を見つめるチャンス」「嫉妬はネガティブではない!!嫉妬から生まれるエネルギーを大切に。嫉妬を感じることも他者への共感の一歩」

 嫉妬は苦しい。だから、私(ファシリテーター)は今までネガティブに捉えていた。
 しかし、上の感想にあるように、嫉妬を素直な感情と見ると、そこから新たに見えてくるものがある。嫉妬を肯定的に捉える人もいて、新しい気づきをもたらしてくれた。
 (補足) 私(ファシリテーター)は恋愛体験が乏しくて、このあたりの嫉妬をあまり語れなかったのが残念!(笑)

|

« 嫉妬とは何か ① | トップページ | ランチパスポート 新宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嫉妬とは何か ②:

« 嫉妬とは何か ① | トップページ | ランチパスポート 新宿 »