« 麦秋 | トップページ | 死について ② »

2015/12/02

死について ①

538 第14回人生カフェは、11月29日(日)に9名(男性5名、女性4名)の参加によって行われた。
 今回は参加した人たちでテーマを決めるという方式なので、最初に現在、興味・関心を持っていることを出してもらった。
 「死とは怖いものか?」「正しいおいとまとは?」「記憶し続けるとは?」「音・声を記憶し続けることは可能か?」「音・声の不思議さ」「運・運命とは?」「縁とは?」「理不尽」「正義とは何か?」「偽善とは何か?」「「やさしさとは?」「人がいいとは?」「他人の痛みとは?」「親友は必要か?」「劣等感とは何か?」「羞恥心は必要か?」
 この中から、今回は「死とは何か」というテーマを取り上げることにした。
 次に、「死とは何か?」というテーマに関連した自分の体験談(エピソード)を語ってもらった。(人生カフェだから、抽象的過ぎる話にならないように、過去の豊富な体験に基づいて話をしていこうという趣旨である。) 出た体験事例のタイトルは以下のようなものである。
 「足の不自由な片親の死」「母親の死に思う」「母親の病死」「姪っ子の突然死」「妹の死」「父の死」「中国に一緒に行った二人の死」
 この中では、父の死をあまり悲しく感じなかったという体験事例に特に注目して、さらに詳しく話を聞いていった。

|

« 麦秋 | トップページ | 死について ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死について ①:

« 麦秋 | トップページ | 死について ② »