« 角栄 晴々 七彩 | トップページ | EVA(エヴァ) »

2015/09/16

ほんものとは

505 ほんものの人といっても、教師としてのほんもの、医師としてのほんもの、政治家としてのほんもの……など、それぞれの役割でイメージは異なる。芸術家においても、画家のほんもの、陶芸家のほんもの……、微妙に異なる気もする。
 作品の面から見ても、絵のほんもの、陶芸のほんもの……、何をもってほんものとするのか?
 そもそも「ほんもの」とは何だ。……偽物ではないもの。そのような消極的な意味だけでなく、いいものを指しているようでもある。そうなると、「いいもの」とは何なんだ。
 それぞれの分野における目利き、すなわち専門家や批評家が必要ということになるか。確かに専門家の手引きは必要な気もするが、専門家にほんもののランク付けなどをされると抵抗感を覚えることがある。
 私にいいものだという感動をもたらすものは、私にとってほんものだという言い方も可能な気がする。また、それ以上は言いようがないともいえる。
 各分野のほんものというより、全体的に「人間」としてのほんものというと、ひとつのイメージはある。私心がなく、人のために生きている、そして明るく謙虚である……。まさに菩薩的なイメージである。そういう人はいるし、そのようにはなりたいと思う。

|

« 角栄 晴々 七彩 | トップページ | EVA(エヴァ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほんものとは:

« 角栄 晴々 七彩 | トップページ | EVA(エヴァ) »