« 他人のまなざし | トップページ | それから »

2015/09/21

考えが違う人を理解するにはどうしたらいいか

507 考えが違う人同士が丁寧に話し合いができるのであれば、それがいい。粘り強く対話を重ねることによって、お互いの理解が深まるというのは理想である。 お互いの理解もない中で、強引に物事が決められていくとしたら、それは問題である。
 考えが違う人に対して、その人はそんなものだと認めて、あまり関わらないという方法がある。最終的にはすべてを理解することは困難だから、その方法は賢明な場合がある。しかし、最初から理解しようという努力をしないと、自分とは異質なものから学ぶということはできなくなる。
 相手の考えが自分とは異なるということが分かるのはまだいいかもしれない。相手の考えが分からない、あるいは相手がほとんど何も考えていないという場合がある。この場合には対応が相当難しい。
 いずれにせよ、相手を理解するとか、相手と協働していくとかという場合には、自分の方も幾分かは変わらないといけないものである。

|

« 他人のまなざし | トップページ | それから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考えが違う人を理解するにはどうしたらいいか:

« 他人のまなざし | トップページ | それから »