« 自律への教育 | トップページ | 大江健三郎 古井由吉 「漱石100年後の小説家」 »

2015/07/01

メルロ=ポンティ

477 メルロ=ポンティを改めて学ぶことができて楽しかった。
 メルロ=ポンティは「知覚の優位性」を説いている。現象学からすると、知覚直観を重視しているということになるだろう。
 そうなると、現象学のいうところの「本質直観」との関係や意味合いというものはどうなんだろうと思う。この疑問は以前から私の中にある。

|

« 自律への教育 | トップページ | 大江健三郎 古井由吉 「漱石100年後の小説家」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルロ=ポンティ:

« 自律への教育 | トップページ | 大江健三郎 古井由吉 「漱石100年後の小説家」 »