« フランケンシュタイン ③ | トップページ | あん »

2015/06/14

幸福とは何か

Photo 「幸福とは何か」というテーマで、6月13日(土)、中高年の男女11名が話し合った。
 不幸ということから話が始まり、「比べる」ということが取り上げられた。比べるということは、自分の位置を知るためにもどうしても行ってしまうものだが、これがマイナスに作用していくと不幸になる。
 いきなり「人類の幸福のために」などと言うのは嘘くさい。まずは自分の幸福を基本に据えて、そこから出発していっていいだろう。
 瞬間の感情というものも基本にある。喜びや楽しみの感情を考えないわけにはいかない。
 その現在の感情を中心に据えながらも、過去に視点を広げて感謝の気持ちを持つ、未来へ視点を広げて希望を持つ、といったことも大切である。自らの人生全体を見渡しての肯定感が幸せに繋がる。これは動物とは異なる人間らしい幸福感である。
 参加者からの、幸福についての一言ずつ。
 「安定・決定」「何者(物、事)にも束縛されないホッとした時間」「努力とチャンスで得るもの、自分に与えられた環境の中で見つけていくもの」「皆さんと楽しくお話ができた事、次回もお目にかかってお話を伺えると思える今の瞬間」「状態・状況 < 感情」「自分が幸福と思ったら幸福、他者とは比べなくていい」「自分の大切な価値観を満足させること」「今日の出会いに感謝、めぐりあわせ!瞬間を大切に!」「愛をもとに、全く自由で快い個人的な感情」「生きる喜びと人生全体への肯定感」「自分の幸せ⇒幸せのおすそわけ⇒まわりの人を幸せにすれば自分も幸せになる」

|

« フランケンシュタイン ③ | トップページ | あん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸福とは何か:

« フランケンシュタイン ③ | トップページ | あん »