« 戦争と平和 第二巻 | トップページ | 千駄ヶ谷富士 »

2015/05/03

578 「美」とは、とりあえず、きれいということで人に感動を与えるもの、というくらいに捉えておこう。それは魅かれる快感を人にもたらすものである。
 日常からの乖離が生み出すものかもしれない。(陳腐さやつまらなさの反対)  尊さや崇高さといった価値を含むものかもしれない。
 美には、各人の固有の感性や価値観を十分に残しておいてほしい。多数派のみで美を作られたら、それは圧力であり、欺瞞である。

|

« 戦争と平和 第二巻 | トップページ | 千駄ヶ谷富士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 戦争と平和 第二巻 | トップページ | 千駄ヶ谷富士 »