« バードマン | トップページ | 大学 クラス会 »

2015/04/17

時間とは何か

Images78 「時間とは何か」というテーマで、4月11日(土)、中高年の男女10名が話し合った。
 「時間」とは、あまりにも当たり前のようなものであるが、それをあえて取り上げる。(ちょっと哲学っぽい感じ。)
 面白い本を読んでいるときや楽しい映画を観ているときは、時間があっという間に過ぎる。一方、つまらない授業や講義を聞いているときは時間が長く感じる。
 中高年について言えば、若いときに比べて時間が過ぎるのを速く感じる。自分の人生上、残された時間が少ない感じがする、などの特徴がありそうである。
 時間を自然科学的に捉えるよりも、自分の感性から見ていくアプローチが多かった。時間を「時感」として捉えるようなものである。

 10人の「時間とは」の一言。
 「生命そのもの」「常に前向き」「やはり盲点」「若い時や健康な時には思わなかった。たいせつなもの」「今を生きること、時間軸は今、そして、ほっこりと生きたい」「先祖から引き継いでいる生命のバトンタッチをして、時間という区間を走っているようなもの」「すごく大事なもの」「現在、未来、与えられた時間を大切にしたい」「やりたい事が出来た満足感、反対はミスしたとき」「生きること、動くこと、変化すること」

|

« バードマン | トップページ | 大学 クラス会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間とは何か:

« バードマン | トップページ | 大学 クラス会 »