« イミテーション・ゲーム | トップページ | 唯物論的科学主義 »

2015/03/22

寛容

Images71 寛容というのは、政治や宗教などの分野において、国家や民族などの対立が大きい場合に求められるものである。
 地理的に近隣関係にあるなど、言わば逃げられない状況にあるときにこそ、必要性が高まる。ヨーロッパの歴史・状況の中ではかなり重要な考え方であり、徳目であると見なされてきたのではないかと推察される。
 逃げられない状況といった厳しい環境の場合でなくても、寛容の精神は重要である。
 そして、寛容と批判・批評の精神は矛盾しないものだろう。冷静な分析と総合化という批判の精神は、相手への理解を進め、その上での寛容は成立するのであり、むしろ高次で強固な寛容になりうるものである。

|

« イミテーション・ゲーム | トップページ | 唯物論的科学主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寛容:

« イミテーション・ゲーム | トップページ | 唯物論的科学主義 »