« 寛容 | トップページ | 戦争と平和 第一巻 »

2015/03/23

唯物論的科学主義

Imagesjzp2eogp これからの時代、人間を理解するのに、唯物論的科学主義が基本であると思われる。脳科学などはその好例である。
 この科学主義は抽象的な観念論よりははるかに人間を知ろうとする真摯な姿勢と言えるだろう。しかし、脳科学だけで、人間の心がすべて分かるのだろうか。
 科学だけでは人間は幸せにはなれないと思う。
 一つは、短期間(私の生きている間くらい)では、科学の力で人間の細やかなところをすべて理解することは無理だろうという、実際的な理由からである。例えば、進化論的にすべてを説明するなど、そう簡単なことではない。
 現在のところは、文学や教育学や臨床心理学などの方が、心を理解し、味わうことができるだろう。私は人間の本能的なところまでも含めて、よく知り、よく生かし、よく味わいたいと思っている。

|

« 寛容 | トップページ | 戦争と平和 第一巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唯物論的科学主義:

« 寛容 | トップページ | 戦争と平和 第一巻 »