« スティル・ライフ | トップページ | マランの幸福論 雑記 96 »

2015/02/15

欲望とは何か

Images65 欲望とは生きる源(力・エネルギー)のようなものである。
 まずは性のエネルギーである。いきなりこの話から入ることができるのはさすが中高年である。(スケベエ爺さんの存在からして、男は死ぬまで続く欲望なのかもしれない。)
 その他の欲望として、お金に関すること、権力や地位に関すること、健康に関することなどが挙げられる。これらは多くの人が共通に持つ欲望である。(「一般欲望」と言ってよい。)
 それに対して、一般の人とは異なる、場合によっては人に言うのが恥ずかしいとか、人から批判されそうな欲望を持つこともある。それがその人の素直な気持ちから生じているのであれば、大事にされてしかるべきものである。(それらは「固有欲望」と呼ばれる。)
 一般欲望に固有欲望を加味することによって、その人の住みやすい場所、いわゆる「居場所」が見つかっていくのだろう。
 「欲望とは何か」というテーマでの参加者の言葉。
 「したいと思う心」「生きる糧」「豊かな人生を営むためには大切なもの。自分にとってコントロール不能なものは諦め、有益なものは活かす」「生きること、人を発展させることそのもの。完全に満たすことはできないので、適当に諦めて(調節して)実現することが大切か」「一日一日を感謝して生きられること」「今は体重を落としたい」「欲望を生きがいにして、日々努力して、欲望を達せられたときに満足感を得られる。また、耐えることにより、時間の経過とともに欲望が低下していく。…欲望を客観的にとらえ、夢、希望としてとらえ、日々の努力が夢に向かっての過程と感じ、幸せ感を感じることができる。欲望を持つということは、日々の生きがいでもある」

|

« スティル・ライフ | トップページ | マランの幸福論 雑記 96 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欲望とは何か:

« スティル・ライフ | トップページ | マランの幸福論 雑記 96 »