« ななふく 九月堂 うま家 | トップページ | 〈ぼく〉と世界をつなぐ哲学 ① »

2014/11/02

個性

361 個性を出せと組織や上司から言われるのはウザい。かつての個性重視教育というのは、そもそも資本・産業界の要請でしかなかったのではないか。
 一方で、ひきこもったり、自分探しで、自らの個性を見つけようというのもいただけない。また、ありのままの自分こそを周囲は十全に認めてほしいというのも甘えの一種だと思う。
 自らの実践や他者とのやり取りの中で、自分の個性が見えてくる。まさに他人とのぶつかり合いの中から、他人に揉まれながら、自分が分かってくる。他人との関係の中で、自らのいい位置取り、いい役割が見えてくる。
 たくさんの他人の違いが見えてきて、その多様性を許容できてくる。そして、その多様性を調和し、生かしていくこともできてくる。

|

« ななふく 九月堂 うま家 | トップページ | 〈ぼく〉と世界をつなぐ哲学 ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個性:

« ななふく 九月堂 うま家 | トップページ | 〈ぼく〉と世界をつなぐ哲学 ① »