« 河合隼雄の幸福論 ① | トップページ | わたしのもの »

2014/11/08

河合隼雄の幸福論 ②

363 生前の河合隼雄さん(写真)にはお会いできなかったが、その言葉は今も生きている。
*依存すべきときには依存し、そのことを認識し感謝することによって自立する。…依存の大切さを忘れて自立しようとしてもできない。…男も女も自立できないことを知ると、腹の立つことが少なくなる。
*人間の心というものは不思議なもので、一度引っかかり始めると、なかなかスムーズにははたらかない。…意識し過ぎてかえって問題を大きくする。…人間の心は動物と異なり、意識するという点が強い。
*幸福ということが、どれほど素晴らしく、あるいは輝かしく見えるとしても、それが深い悲しみによって支えられていない限り、浮ついたものでしかない。

|

« 河合隼雄の幸福論 ① | トップページ | わたしのもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河合隼雄の幸福論 ②:

« 河合隼雄の幸福論 ① | トップページ | わたしのもの »