« 女心 | トップページ | ふしぎな岬の物語 »

2014/10/13

梅田英彦先生

344 梅田英彦先生(1930.9.8-2010.9.7)の教え子たちが集まった。
 梅田先生は4年前に80歳になる1日前に亡くなった。
 梅田先生は東京正生学院理事長であり、心理療法家・カウンセラーとして活躍した。『話すのがこわい』など、心理関係の4冊の著書がある。特筆すべきは、悩める若者のために、個別的にも、またグループを組織化し、熱い支援を続けたことである。
 以下は、集まった教え子たちが梅田英彦先生を一言で言うとどのような人だったかを書いたものである。
 「出会いをくれた人」「大義に生きた人」「私の人生の土台を作るきっかけをくれた人」「悩める若者たちのカリスマ的存在」「「生きていく力を教えてくれた……負債もあるが帳消しです」「スマートとズルイ」「私の人生である……一生の恩師と愛弟子」「吃り直しだけでなく、人生、生き方、教養、人とのつきあい方等、知らない事を沢山教えてくれ、強固な心の友を与えてくれた恩師」「本当の優しさとは何なのかを教えてくださった方」「反面教師だった」「やりたい放題の人生が送れた人。大切な仲間を残してくれた。しあわせだったかどうか?」

 この会について、知りたい方は、右のリンク先の「人生カフェ」をクリックしてみてください。
 http://tokyojinseigakuin.cocolog-nifty.com/blog/

|

« 女心 | トップページ | ふしぎな岬の物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅田英彦先生:

« 女心 | トップページ | ふしぎな岬の物語 »