« おかげさまで生きる ① | トップページ | 「待つ」ということ »

2014/10/21

おかげさまで生きる ②

351 矢作さんの言っていることで、私も共感するところを掲げておく。
*高齢期は本来は欲を手放す時期に来ているわけだが、逆に欲にからめとられてしまう人がたくさんいる。
*それまで意固地に持っていた「周囲に良く思われたい」という執着がなくなるだけで、実に快適になる。出来事に対する最終評価は自分で下すものである。周囲の声に惑わされ、いたずらに振り回されることなく、自分に起きたことをありのままに受け止める。
*「日にち薬」~時間とともに起きた出来事の意味は変わる。
*あいさつは思いやりの作法であり、お互いの生存確認である。
*素直に知らないと言えば、親切な教えたがりがあなたに教えてくれる。そしてその時は、謙虚に教えを乞うてください。素直で謙虚さを忘れない人は周囲にかわいがられる。

|

« おかげさまで生きる ① | トップページ | 「待つ」ということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おかげさまで生きる ②:

« おかげさまで生きる ① | トップページ | 「待つ」ということ »