« それでも僕は夢を見る | トップページ | 哲学入門 戸田山和久 ① »

2014/05/26

5人会(平成26年5月)

Youkai_hitodama 今回の5人会のテーマは「死と魂」であった。
 霊魂不滅、輪廻転生を信ずる人と信じない人では、この世の生き方は微妙に異なってくるだろう。
 次に、生まれ変わりの話が出てきて、「生まれ変わりたいですか。生まれ変わるとしたらどうなりたいですか。」という問いに繋がっていく。
 私は特に生まれ変わりたいとは思わない。生まれ変わったとしても、今の人生に、もう少し歌が上手くなる、もう少しスポーツが上手くなる、ぐらいが付け加わればいいと思っている。
 生まれ変わったら、政治家や、プロゴルファーや、歌手などになって、有名になり注目されたい、といった願望を持っている人がいた。これに対しては、驚きとともに羨ましい気持ちにもなった。
 科学的見方が支配している現代では、このような夢も持ちにくい。
 当たり前の事だが、死ぬまでは生きる。この生きるということに問題が帰っていく。この世の人生を肯定できる考え方を持ちたい。

|

« それでも僕は夢を見る | トップページ | 哲学入門 戸田山和久 ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5人会(平成26年5月):

« それでも僕は夢を見る | トップページ | 哲学入門 戸田山和久 ① »