« 幸福力 ① | トップページ | あらとん JAC 大島 »

2014/03/12

幸福力 ②

230 海原純子さんは心療内科医ということで、この分野の感覚は私のと近いものである。60代の女性というのも、私と近いと言える。
*「自分はなんて不幸なんだ」と思い込んでいても、他人から見れば大したことではないかもしれない。「他人」の視点から自分を俯瞰してみることで、その事実に気づくことができる。
*苦しいことや嫌なことがあったときには、「これはチャンスだ」と考えるようにする。
*ちょっと大変なことがあるたびに「苦しい、辛い」と大騒ぎする人がいる。これは「人生とは楽なもの」という思い込みからきている。
*「どうして自分だけがこんな目に遭うのか」と思い、人を羨んだり妬んだりしていると、心が淀んでしまう。皆が自分の経験を活かして、「苦境を乗り越えるプロ」になり、お互いを支え合うのがいい。

|

« 幸福力 ① | トップページ | あらとん JAC 大島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸福力 ②:

« 幸福力 ① | トップページ | あらとん JAC 大島 »