« 永続敗戦論 ④ | トップページ | 幸福力 ② »

2014/03/11

幸福力 ①

229 副題が「幸せを生み出す方法」で、心療内科医の海原純子さんの本である。(潮出版社)
 「力」を付けるのが流行っていて、幸福にも付けて、「幸福力」は若干いかがなものかと思うが、まあいいだろう。
*朝日が昇って陽が沈むまでが「小さな一生」だと感じる。
*時として、他者に「あなたは○○さんに比べてみじめね」などと言われる場合がある。でも、自分らしく努力して一生懸命生きている時にそう言われたら、堂々とすることである。強い覚悟を持たなければいけない。その時にめげるというのは、自分で自分を蹴り飛ばしているようで、自分にも失礼なことである。
*事実と感情を分けて、客観的に物事を考える。
*毎日、顔を合わせる相手だからこそ、「ありがとう」「ごめんなさい」を忘れずにきちんと伝えるように心がける。
*いつまでも失敗をクヨクヨせずに、「この経験をいつユーモアにできるかな」と思いながら見ていくように心がける。

|

« 永続敗戦論 ④ | トップページ | 幸福力 ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸福力 ①:

« 永続敗戦論 ④ | トップページ | 幸福力 ② »