« 『ヘヴン』をめぐって | トップページ | 仕事・人生に迷ったらアリストテレスに聞いてみろ!② »

2014/02/15

仕事・人生に迷ったらアリストテレスに聞いてみろ!①

210 アリストテレスの人生論・幸福論を哲学者・小川仁志さんが易しくまとめてくれている。(中経出版)
 アリストテレスの中庸で現実的な思考には同感するところが多い。
 アリストテレスの言葉としては、「幸福とは最高の善なり」「人は誰でも生まれつき知を求める」「友は第二の自己である」「人間は本来、政治的動物である」など、有名なものがたくさんある。
 そのアリストテレスの思考の4大キーワードが掲げてある。
①中庸~両極端ではない、ほどほどの状態
②共同体主義~ポリスを重視
③現実主義~理想主義者の師プラトンを乗り越えるべく実践を重視
④善の追求~幸福は最高善であるから、幸福の追求が重要

 さらに、3つの特色を挙げる。
①経験主義~あくまでも経験が思考のベースにある。
②メタ思考~ある物事について、その物事を超えた前提そのものを考察する。
③概念の創始~多くの学問を生み出すと同時に、おおくの概念も生み出した。

|

« 『ヘヴン』をめぐって | トップページ | 仕事・人生に迷ったらアリストテレスに聞いてみろ!② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事・人生に迷ったらアリストテレスに聞いてみろ!①:

« 『ヘヴン』をめぐって | トップページ | 仕事・人生に迷ったらアリストテレスに聞いてみろ!② »