« 自由の哲学者カント ① | トップページ | 心の力 »

2014/02/27

自由の哲学者カント ②

221 中山元さんの講義が基になっている本である。(写真は講義風景)
 道徳的な自由は『実践理性批判』、公的な自由は『判断力批判』や政治哲学、歴史哲学の中で展開されている。
*カントの哲学において自由の概念は、理性が確保する人間の私的な思考の自由、善き意志によって確保される道徳の自由、世界市民に向けた公共的な発言の自由が、密接に関連している。
*カントにおいて、自由の概念がつねに最高の目的として、あるいは人間を最も深いところから規定する能力として思い描かれている。

|

« 自由の哲学者カント ① | トップページ | 心の力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由の哲学者カント ②:

« 自由の哲学者カント ① | トップページ | 心の力 »