« 絶対に幸せになれるたった10の条件② | トップページ | 「幸福学」白熱教室 第1回 »

2014/01/18

「幸福学」白熱教室 プロローグ

197 NHK番組の「幸福学」白熱教室は、私の人生上のテーマにモロに関係するので、とても興味深い。
 1月3日放映は、ブリティッシュ・コロンビア大学のエリザベス・ダン博士による「幸せを見つける鍵」というテーマだった。
 幸福の条件として、3つ挙げている。(私も重要なことだと思うものである。)
①人との交わり~人との良好な関係を築くことは大切である。特に、家族、友人たちとの関係において。
②親切心~人に親切にすること、そして人に感謝することが大切である。
③ここにいること~今、ここにいることに集中することは大切である。注意力の散漫は幸福を妨げる。

 イリノイ大学名誉教授エド・ディーナーによる「人生満足尺度」も気になる。次の5点から、自分の人生の満足度を点検する。
①ほとんどの面で私の人生は私の理想に近い。
②私の人生はとてもすばらしい状態だ。
③私は自分の人生に満足している。
④私はこれまで自分の人生に求める大切なものを得て来た。
⑤もう一度人生をやり直せるとしてもほとんど何も変えないだろう。
 この人生満足尺度からすると、私は、だいたいにおいて人生に順調な人ということになる。
 
 人生全体のことに関しては、私は次のように考える。過去に対しては、受け入れとともに感謝の気持ちを持つ。現在においては、十分に味わい満足する。未来に対しては、可能性に希望を持つ。
 日常生活に満足しつつ、未来志向の生き方を大切にする。

|

« 絶対に幸せになれるたった10の条件② | トップページ | 「幸福学」白熱教室 第1回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「幸福学」白熱教室 プロローグ:

« 絶対に幸せになれるたった10の条件② | トップページ | 「幸福学」白熱教室 第1回 »